杉浦正和: 注目に値する写真集

杉浦正和は、どんな被写体であっても、目にしたものを細部まで撮影します。人が滅多に見ることのできないものの美しさを撮ることで知られています。些細なことの中にある美しさに気付き、一瞬一瞬を切り取ることを目指しています。 

杉浦正和は大学卒業後、長年フリーランスの写真家として活動しています。もともと写真が好きで、風景や人物など様々な被写体を撮影してきました。彼の写真と撮影技術は、世界中の人々から高い評価を得ています。

杉浦正和の作品

杉浦正和は長年にわたり、世界中の思い出や風景を撮り続けてきました。自分が見たあっと言わせるような映像の完全なビジュアル体験を、写真の力を使って他の人にも届けたいと考えています。下記の写真集リストをチェックしてみてください。

ルモンタージュ

杉浦正和の「ルモンタージュ」は、その印象的な絵柄で有名な写真シリーズのひとつです。この写真集を見ると、物の影がもたらす魅力的な効果に注目していることがわかります。また、このシリーズには動物も登場しています。

桜花行

桜花行シリーズは、杉浦正和が桜を中心とした自然に焦点を当てました。桜の葉の複雑な形やシルエットを見ることができるように、桜の木の美しさをモノクロームで表現しました。 

見返り横丁

杉浦正和は、このシリーズでは建築物に焦点を当てました。この写真を見ると、人が日常的に行き交う場所が見えてきます。様々な施設や路面店が登場しました。 

御島

御島は風景や樹木に焦点を当てています。杉浦正和は、木の根や幹が異形の形をしていることを特集し、写真を見る者の想像力を掻き立てました。

フォルモサ

フォルモサは、日本の人々とその日常生活を特集しており、日本の普通の一日の様子を知ることができます。道を渡る通勤者、客待ちの行商人など、様々な人々の生活を写真を通して覗き見ることができます。

訪れた場所

杉浦正和は世界各地を旅してきました。それぞれの国の文化や習慣を捉え、それを他の人にも伝えていきたいと考えています。杉浦正和は率直な写真が好きで、彼の写真集を見ているとそのことに気づくかもしれません。

彼の旅先での写真は、ページから飛び出してきそうなほど鮮やかな色彩で表現されており、実際にその場所にいるかのような美しさを体験してもらいたいと考えているからです。

ここでは、彼が何年もかけて訪れた場所や、彼のコレクションの中で紹介されている場所のリストを紹介します。

  • グアテマラ
  • ラオス
  • 上海
  • ニューヨーク
  • スペイン
  • オズベキストン
  • タイ
  • フィリピン
  • 北京
  • トルコ
  • キューバ
  • チューンズ
  • カンボジア
  • イスタンブール
  • アムステルダム
  • マカオ
  • 日本
  • インドネシア
  • ハワイ
  • 台湾