杉浦正和 ラオス人の日常

ラオスは、タイ、カンボジア、ミャンマー、中国、ベトナムの山々に囲まれた内陸国です。発展途上の隣国にもかかわらず、ラオスは東南アジアで最も貧しい国の一つであり続けています。

何百万人もの人々を土地にもたらす強力な観光業にもかかわらず、その国民のほとんどは食べるために農業をしています。国の問題は、貧困、極端な天候、災害、国家の権力の広範な乱用が含まれています。

 

しかし、ラオスの素晴らしいところは、様々な民族(47)が一体となって生活していることである。仏教とアニミズムに分かれ、それぞれの部族が独自の習慣や伝統を守ってきた。また、ベトナム人や中国人も少数ながらラオスに住んでいる。

貧しい国でありながら、ラオスは他の国と比べても色あせることはありません。彼らのわずかに異なる文化は、国が存在している間の忍耐力と独自性を見せてくれるでしょう。

杉浦正和ラオスフォトブックは、ラオス人の平和と生存、伝統を守る日常を映し出しています。

ここでは、地元の人にも外国人にもおすすめのラオスの体験談をご紹介します。

 

  • しょくひん

 

彼らの料理は、他のアジア諸国の亜種とは少し異なります。彼らは主食の三種類を持っています:もち米、ラルブ、タムマックフーン。サンドイッチやパンも国の隅々にあり、旅行者には最適です。

 

  • コーヒー

 

農業依存度の高い経済を背景に、人口の7割以上がコーヒー農園などの農園に依存している。基本的な生産量は基本的な生活費や教育費を賄う程度であるため、農家には高価なアラビカ豆というコーヒーの品種の栽培が促されています。

シヌークコーヒーリゾートなどの人気カフェやエステートでは、自社ブランドのコーヒーを提供しています。ボラヴェン高原では、栽培や焙煎などの工程を体験でき、観光客も楽しむことができます。

 

  • エレファント

 

アジアの絶滅危惧種であるゾウが、ラオスの静けさの中に故郷を見つけました。ゾウは国の動物であり、国の繁栄と力強さを象徴しています。

国の繁栄と国の強さを象徴する動物であり、国の活動や仕事、儀式などに使われていますが、その数は減少傾向にあります。しかし、森林の枯渇により、その数も減少しています。ラオスは現在、彼らのグループの下で多くの大きな哺乳類の保護と繁殖のためにプッシュしています。

 

  • 遺跡

 

かつて東南アジアの強大な古代社会の一部であったラオスでは、遺跡や彫刻公園、現存する寺院など、似たような光景を見ることができます。観光客は、ブッダ公園やワット・プーなどを楽しむことができます。

 

  • 自然

 

山などの土地にロックされていますが、ラオスには風光明媚な山や島、川の洞窟群などがたくさんあります。観光地を巡るだけでなく、ラオスの畑や農場で働きながら生活できる場所もあります。