New York

 

杉浦正和の写真を通した数年前のニューヨーク 

杉浦正和は、ニューヨークの街中のシンプルな時代を完璧に捉えています。古い看板やポスター、通行人の服装など、1980年代から1990年代の雰囲気が漂っている。

今回も、彼のモノクロ写真では、懐かしさの中にも観客の心に触れる感情がより一層明らかになります。写真の中には、クリスマスから結婚式まで、さまざまなライフイベントが写っています。ほとんどのショットは、雪が降っているため、冬の間に撮影されたと思われる。

これらの写真を通して、ニューヨークが眠らない都市となぜ呼ばれるか意味を成している。 あらゆる打撃で、それは夜か日かどうか常に起こるでき事または活動のようにようである。

購入に興味がありますか?

ニューヨークフォトブック1のコピーを所有したい場合は、次の簡単な手順に従う必要があります。

ステップ1:075-581-9146にファックスで個人情報を送信するか、お客様を含むinfo@sugiuramasakazu.comで私たちに電子メールを送ります:

  • 名前
  • 住所
  • 連絡先
  • メールアドレス
  • 書名と注文数
  • お支払い方法(代金引換または郵便貯金振替

ステップ2: お選びいただいたお支払い方法に応じて商品を発送いたします。代金引換は郵便局を通して、郵便貯金は振込用紙を同封します。フォトブックは3,800円ですが、消費税が加算されて4,100円になります。

ご存知ですか?

最後に、ニューヨークについての興味深い事実をご紹介します: 

  • ニューヨーク市の人口は、2010年時点で800万人を超えています。
  • 眠らない街では、800以上の言語が話されています。
  • 19世紀には牡蠣の人気が高かったそうです。そして、その殻はパール通りの舗装に使われました。その上、トリニティ教会の石組みの石灰にも使われていました。
  • 1886年、フランスはアメリカの100周年を記念して、有名な自由の女神像をアメリカに贈りました。自由の女神像は、350個を分割して214個の木箱に入れて出荷されました。現在も現存するエリス島で完全に組み立てるのに約4ヶ月かかりました。
  • ニューヨーク市立図書館を訪れると、5000万冊もの本などの膨大なコレクションに驚かされます。世界第3位、米国議会図書館に次ぐ全米第2位の図書館として知られています。
  • 第二次世界大戦の出来事を経て国連が結成され、1952年にはニューヨークに本部が建設されました。
  • タイムズスクエアがなぜこのような名前になっているのか不思議に思ったことはありませんか?実は、1904年にニューヨーク・タイムズ紙がそこに移転してきたときに、その名前がついたのです。元々はLongacre Squareと呼ばれていました。
  • 1895年にニューヨークにオープンしたロンバルディは、アメリカで最初のピッツェリアとなりました。