Remontage | ルモンタージュ

 

 

 

 

 

 

 

 

Sugiura Masakazu: Meet the artist behind the Remontage Photobook

杉浦正和は、日本で最も人気がある現代美術家の一人です。彼の作品の多くは、日本や海外をランダムに旅している間に撮影した写真です。

杉浦正和は1960年に京都で生まれ、大阪大学で写真を専攻し、美術学士号を取得して優秀な成績で卒業しました。写真を学んだ後、フリーランスの写真家として様々なプロジェクトを担当し、日本中に作品を広めました。

 

フリーランスとしての活動以外にも、京都市内で評判の高い画集やチャップブック、展覧会などでも紹介されています。杉浦正和は、その異色の画風で地元の芸術界にその名を刻みました。杉浦正和は、実験的な題材で人気を博しました。彼の写真は主に記憶をテーマにしたものです。様々な場所、人、物などの記憶をテーマにして記憶するには役に立ちます。このように、彼の作品の中にはその興味をそそるような冷ややかな要素が含まれており、国内の主要な画廊や美術評論家からも高い評価を得ています。

さらに、第一集から多くの作品を収録したチャップブックを発売したことで、彼の作品はさらに人気を博しました。 サイトで紹介している作品の他にも、若者の間で有名になったグッズの販売も行っています。気まぐれな写真にインスパイアされた写真セミナーやアイテム、コレクションも多数あります。また、全国各地の大学の美術セミナーにも招かれ、講演を行っています。

杉浦正和の代表作のひとつに「桜七日」があります。この作品では、京都市内のさまざまな場所にある桜の存在感を探りました。日の出、日没、雨の日、雪の日など、さまざまな設定で美しい花木を撮影したした。

桜は日本の象徴的な木です。この木は、日本の民間伝説によれば、生命の儚さを表しています。杉浦正和は、このテーマを日本の四季と融合させ、季節の移り変わりとともに、生命の儚さの意味を深めました。また、7日というのは、7日間しか続かない桜のライフサイクルにおいて、大きな意味を持っています。

杉浦正和は、国内のローカル芸術界においても、様々なアーティストや写真家とのコラボレーションを行ってきました。日本国内の様々なアートコレクターから注目を集めているだけでなく、東南アジアのアーティストのための展覧会を開催している各国・地区でも作品が紹介されています。

杉浦正和のこれまでの出品作品をご紹介します。

  • 2004 – 「ルモンタージュ」プレイスM 東京 
  • 2004 – 「ルモンタージュ」Early gallery 大阪 
  • 2005 – 「見返り横丁」富士フォトギャラリー 京都
  • 2005 – 「第二のルモンタージュ」Early gallery 大阪
  • 2005 – 「第二のルモンタージュ」プレイスM 東京
  • 2006 – 「御島 ON-SHIMA」Early gallery 大阪
  • 2007 – 「御島 ON-SHIMA」プレイスM 東京
  • 2008 – 「麗春」ギャラリー蒼穹舎 東京
  • 2009 – 「麗春」Satellite gallery 京都
  • 2009 – 「ルモンタージュ」ギャラリー蒼穹舎 東京
  • 2009 – 「ルモンタージュ」Sfera Exhibition 京都
  • 2010 – 「ルモンタージュ」アートスペース東山 京都
  • 2011 – 「見返り横丁」ギャラリー蒼穹舎 東京
  • 2012 – 「見返り横丁」ナダール 大阪 
  • 2012 – 「Cuba」フジフォトサロン 大阪
  • 2012 – 「Cuba」エイエムエスギャラリー 京都
  • 2013 – 「櫻狩」ギャラリー蒼穹舎 東京
  • 2015 – 「櫻花行」ギャラリー蒼穹舎 東京
  • 2015 – 「櫻花行」ギャラリー722 岡山
  • 2015 – 「櫻花行」1839當代藝廊 台北

 

  • 杉浦正和の写真集

杉浦正和は長年にわたり、魅力的で美しい写真を撮り続け、様々な写真集でキュレーターしてきました。その中には日本でベストセラーになった写真集もあります。また、様々なテーマに挑戦し、画集を完成させました。

 

フォルモサ 写真集

フォルモサ写真集は、彼の最も美しい写真集の一つです。この写真集では、変色したり酸化したりした青々とした果実を撮影し、被写体に面白い深みを与えています。

果物以外にも、見知らぬ人に自分の内面を垣間見られたときの突然の驚きを表現した様々な種類の人形や、糸の切れたマットレス、欠けたドレスの引き出しなども撮影しています。さらに、日本経済に蔓延する資本主義の深層を掘り下げた写真集です。

写真集のタイトルは、ポルトガル語で「フォルモサ」という言葉に由来し、台湾の緑豊かな島々に挑んだ探検によるものです。この写真集はPopol社から出版されました。本のサイズは206x305mmで、72ページあります。本の外側のカバーはハードカバーの段ボールで作られています。

桜花行

桜花行は杉浦正和が制作したもう一つの写真集です。この写真集の表紙の中には、街にある桜の儚い美しさを写し出しており、桜の写真をモノクロームの美しいフィルムで紹介しています。桜の美しさは、生命の儚さを思い出させてくれるといいます。

「京都の桜は、三月の終わりから四月の上旬に一斉に咲き、「桜七日」と言われるように、七日間程で桜吹雪となり散ってしまいます。」

杉浦正和によると「儚く散る姿に美を感じる日本人にとって桜は「生」と「死」の両方のメタファーであり対立する概念ではありません。写真は基本的には観客の少ない時期である明け方から早朝の間や雨の日に撮影されたものです。」といいます。

この写真集は、サイズが255×245サイズで、美しい赤いハードカバーに収められています。72ページあり、美しい桜のモノクロ写真が掲載されています。この写真集は日本語と英語で紹介されています。また、この写真集は700部以上売れており、すべては杉浦のサイン入りです。

杉浦正和の近日中の展示会

杉浦正和は現在、新作を中心に様々なイベントや展示会を開催しています。今年の展示会のスケジュールをご紹介します。

 

  • フローラとファウナ

 

フローラとファウナ写真集は、杉浦正和の最新作の一つです。これまでのプロジェクトからインスピレーションを得て、日本の自然の美しさをテーマにした写真集です。本展では、日本各地の動物や植物、風景など様々な写真を展示します。今回のイベントは、京都の最も有名な美術館の一つで開催されます。

 

  • シティライフ

 

シティライフ展は、杉浦正和のもう一つの待望の展覧会です。この展覧会は、京都のエキセントリックなナイトライフを最も生々しく表現したものの一つです。この展覧会では、日本の夜の風景を切り取っていない様々な写真が展示されています。また、このイベントでは、杉浦の写真とキュレーターに関するレクチャーも行われます。会場は京都国立近代美術館です。展示時間は午前8時から午後6時までです。早めに席を確保したい方は、オンラインでチケットを購入することができます。

 

  • 桜七日 II

 

桜七日は、今年の展覧会の中でも最も人気のある展示会の一つです。今回の展覧会では、初の写真集からインスピレーションを得て、過去の写真集に収録されていた昔の写真をリメイクしたものが展示されます。また、今年後半に発表予定の作品の一部を覗き見することができます。今回のコレクションからプリントを購入することができ、レセプションで販売します。

ご購入の可能な商品

杉浦正和の写真は、様々なグッズにも掲載されています。チャップブック以外にも、Tシャツやマグカップ、プリントなどのアイテムにプリントされた彼のアイテムを購入することができます。ここでは、杉浦正和から購入できるグッズをご紹介します。

 

  • Tシャツ

 

杉浦正和で販売されているアイテムの中でも特に人気があるのがTシャツです。色やデザイン、スタイルが異なる様々なTシャツを購入することができます。また、Tシャツにプリントされているアート作品を選ぶことができます。さらに、お好みに合わせてサイズをカスタマイズしてもらうこともできます。

 

  • マグカップ 

 

当サイトで販売しているマグカップは、杉浦正和が撮影した様々な写真が掲載されています。マグカップはサイズ、スタイル、色など様々な種類をご用意しております。また、マグカップのカスタマイズをご希望の方は、フォームに必要事項をご記入の上、ご要望をお書きください。1回のご購入で最大5個までとさせていただきます。

 

  • プリント

 

杉浦正和の写真をプリントで購入することもできます。杉浦正和のホームページに掲載されている写真はすべてプリントが可能です。お好みに応じて、プリントしたい写真のサイズを指定することができます。また、写真を額装したり、サイズを変更したりすることもできます。

当サイトからのご注文方法

杉浦正和のホームページにアクセスし、ご希望の作品・アイテムをお選びください。様々なアイテムやアート作品をご用意しております。サイト内に用意されているフォームに入力し、必要事項を記入するだけでいいです。購入したいオーダーについては、詳細な情報が必要となりますのでご注意ください。

これは、購入に関する誤解を避けたいためです。さらに、注文を確保したい場合は、早めに支払いを決済する必要があります。また、サイトに掲載されている商品の在庫には限りがあります。